小学校受験に必要な学力は塾で補おう|選び方を伝授

男女

やりなおしたい君へ

高校生

お金のことと準備するもの

東京にある通信制高校は現在では多くの個性を出した学校が登場している。その中から学生が自分に合ったカリキュラムや勉強方法、スクーリングを行う学校を選んでいく時代となっている。通信制高校に入学してくる生徒は多くは全日制の高校を中退した方、もしくは中学校卒業後進学も就業もせず数年たってから入学した方など、人生でいろいろな経歴や経験を持った方々が多い。そういうなかで現在の通信制高校も入学者のニーズに合わせていく必要が生じている。当然ながら、いろいろなカリキュラムや特質をもった学校が増えたことで通信制高校の入学から卒業までの費用もここ数十年変化している。東京は通信制高校が国内で多くある地域であることから、一概に相場や費用がどれだけかかるかは言えないが、共通しているのは全日制の高校の3年間でかかる費用よりも安いことである。それは通信制高校の生徒の中には就業している方もおり、「仕事をしていても卒業できる」という前提だからだ。しかし前述したとおり、学校が多様化しているなかで相場が安いものから全日制高校並みの学費がかかる通信制高校もある。もちろんそのような学費の相場が高い学校は「卒業に必要な最低限の課程」以外にも海外交換留学や大学受験に特化した学習など付加価値を付けて学校の差別化をしているのが東京の通信制高校の現実である。そうした通信制高校で鍛えられると、それだけ能力も向上することが予想されるだろう。相談窓口を利用して、東京の通信制高校の制度について事前に確認しておくと良いだろう。