深刻な事態になる前にピアノ修理の依頼をするべき
ロゴ

おかしいと思ったら即依頼を!ピアノ修理を頼んで綺麗な音を取り戻す

深刻な事態になる前にピアノ修理の依頼をするべき

ピアノ

ピアノのオーバーホールとは

ピアノの音が変わったことに気づいたなら、早めにピアノ修理を依頼しましょう。もしも深刻な事態ならば、ピアノのオーバーホールが必要になります。ピアノのオーバーホールとは、蓋を開けて内部の問題を解決することです。弦やハンマーなど、ピアノの内部を細かく点検しますので、問題となっている部品をすぐに突き止めることができます。また、ピアノのペダルや鍵盤も一つずつチェックしますから、安心してピアノ修理を申し込めます。

男性

オルガン修理もお任せ!

オルガンを所有している方の中には、修理を依頼することは不可能ではないかと心配するケースが見受けられます。ピアノ修理を受け付けている専門の業者は、オルガン修理も引き受けていますから安心です。もしも不安に感じているなら、ピアノ修理を請け負っている業者に問い合わせてみましょう。オルガン修理について、積極的にホームページで呼びかけている業者もいます。調律を定期的に受けたい場合にも最適ですから、気軽に相談してみましょう。

オルガンとピアノの違い

オルガンは足鍵盤がポイント

オルガンの特徴は、足鍵盤がついていることです。足鍵盤を踏んで空気をパイプに送り込むことによって、音を出すことができます。オルガン修理を申し込む場合は、足鍵盤およびパイプを点検することが重要なポイントになります。

ピアノは弦とハンマーが大事

ピアノは、ハンマーで弦を叩いて音を出します。もしもハンマーが破損していたり、弦が緩んでいたりすると、たちまち音が狂ってしまいます。ピアノ修理を行う時には、鍵盤だけではなく、ハンマーと弦を確認することが大切です。

広告募集中