小学校受験に必要な学力は塾で補おう|選び方を伝授

男女

学問と社会人育成の両立

女性

卒業後の選択肢も多彩

大学には4年制と2年制の短大がありますが、近年、短大を希望する受験生が増加しています。2年間で卒業ということはそれだけ学ぶ量も多くなるので4年制に比べると時間に余裕が無くなりますが、短大にしか無いメリットがたくさんあるので人気が高まっているのです。短大は学問の理論を学びながら専門的な実習も行い、スキルや技術を習得できるのが特徴で、即戦力の社会人になるための育成に重点を置いていることから、4年制と専門学校の良い所を併せた学校といわれています。短大の多くは資格取得を奨励しており国家資格や専門資格取得への特別講座を開講するなど学生のバックアップに力を注いでいます。卒業後の就職先としては一般企業やその短大ならではの求人が多いのが特徴で、更に学問を突き詰めたい場合は4年制への編入や専攻科への進学など、多彩な選択肢があるのも短大の大きな魅力です。もう一つの特徴として、4年制よりも費用がかからないというのがあります。学校に通う費用というと学費だけを考えがちですが、交通費や生活費も考慮しなければなりません。学費やその他費用が4年制の半分で済むので、親に経済的な負担をかけたくないと考えている受験生が短大を選択する、というケースが増えています。短大は時代の変化に合わせたユニークな学科や教育法を積極的に取り入れて、独自のカラーを強めています。学校案内の請求やオープンキャンパスに積極的に参加して、後悔しない進路を選びましょう。